JavaFX

JavaFXを使ってアプリケーションを作成する。

環境

Scene Builderをインストールする

画面デザインをGUIで行うためのツール。

  1. GluonのサイトからWindows Installer (x64)をダウンロードする。
  2. インストーラーを実行する。

    Select Destination Location

インストールが終わると自動的に起動する。

Gluon Scene Builder

更新通知のためのメールアドレスの登録はキャンセルする。

Register with Gluon

Help > About Scene Builder

Product Version
JavaFX Scene Builder 8.3.0

Build Information
Version 8.3.0
Date: 2016-12-16
Java Version: 1.8.0_111-b14, Oracle Corporation

Logging
The default configuration stores logging output in a file named scenebuilder-8.3.0.log (possibly followed by a trailing '.' and a digit).
The default file path is C:\Users\xxx\AppData\Local\Temp\scenebuilder-8.3.0.log

JavaFX
Toolkit = QuantumToolkit
Pipeline = D3DPipeline
Hardware acceleration ENABLED

Java
1.8.0_111-b14, Oracle Corporation

Operating System
Windows 7, amd64, 6.1

Copyright (c) 2015-2016, Gluon.
    

e(fx)clipseをインストールする

EclipseでJavaFXの開発を行うためのツール。

  1. EclipseのHelp > Install New Software...を開く。
  2. Add...ボタンでアップデートサイトを追加する。

    e(fx)clipse - http://download.eclipse.org/efxclipse/updates-released/2.4.0/site

  3. Select Allボタンで全項目を選択してインストールする。

インストール後はEclipseのFile > New > Other... > JavaFXからJavaFX Projectを選択できるようになる。

EclipseのWindow > PreferencesからJavaFXを開いてScene Builderのパスを追加する。fxmlファイルを右クリックからOpen with Scene Builderで編集できるようになる。

JavaFX Scene Builder executable

関連情報

2017, AfternoonTea